スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次安倍内閣にメディアはどう対峙する

 衆議院選挙後の安倍第2次政権が現実味を帯びるや、朝日新聞の“宗旨替え”は素早かった。5年前は安倍政権批判の急先鋒だった朝日だが、9月の総裁選で安倍氏が勝利するや、いの一番でインタビューを掲載した。

「木村伊量・社長は財界人を交えて安倍さんと会談したり、政治部長も面会しているようです。以前のような険悪な関係ではない」(安倍氏側近)

 産経新聞は以前からの“安倍応援団”。毎日新聞も現在の安倍氏の政策秘書が毎日出身のため、関係は良好といわれる。意外なことに、「憲法改正」が社論の読売新聞、「財界第一」の日経新聞との関係が微妙だという。

「読売は財務省と近く、丹呉泰健・元事務次官を本社監査役に迎えている。財務省としては安倍氏の金融政策に難色を示しているし、経団連は安倍氏の評価を決めかねている。そうした勢力が安倍政権を危険視しているところがある。もしかしたら、安倍政権批判の口火を切るのは朝日ではなく、読売か日経かもしれません」(財務省中堅)(「週刊ポスト」平成24年12月21・28日号「安倍政権誕生で批判の口火切るのは朝日ではなく読売、日経か」)


 特別国会の首班指名選挙において、内閣総理大臣に指名される自民党の安倍晋三総裁に対し、メディアがどのような姿勢で臨むのか、われわれは注意深く見守り、場合によっては、行動を起こさねばならない。

 6年前の首相在任中、メディアがいかに劣悪な手法によって、安倍首相を攻撃したか――安倍氏はこう回顧する。「総理ブラ(下がり)のときには、5人連続、朝日の記者が聞くわけですよ。ちょっと異常でしょ? 7、8人来ているわけですから。ふつう各社1人ですよね? 7、8人来てて、次々質問させて、イライラさせよう、何とか私に失言させよう、ということ」「鳩山政権だって、菅政権だって、事務所費の問題なんか、半分ぐらい問題があるんじゃないの? この基準でいけば。だから、いいとは言いませんよ。フェアにやってもらいたい」。

 また、小川榮太郎氏は著書のなかで、安倍内閣の松岡利勝農水相(当時)の政治資金問題の関連記事を125件掲載した一方、民主党の小沢一郎代表(当時)の政治資金問題は14件のみ。安倍氏が推進した教育基本法改正については、反対派の記事70件に対し、賛成派記事は3件の掲載に止まった、とその偏向ぶりを強調する(小川榮太郎『約束の日――安倍晋三試論』〈幻冬舎、2012〉より)。

 第一次安倍内閣が断行した(1)国民投票法の制定(2)防衛庁の省昇格(3)教育基本法の改正という戦後の大改革に対し、メディアが中立的視座に立つことなく、それをただ否定的に報道したことは事実である。そして、安倍内閣への態度をもって、図らずも各紙のスタンスが明らかとなった。すなわち、朝日、毎日、日経、読売、産経の順に、戦後レジームに親和的であるということだ。情報の精度を認識したうえで、読者がそれを好んで手に取る週刊誌はともかく、その多くが隠れたイデオロギーを意識することなく、日常に据え置かれる新聞が多面性に欠けることは許されない。

 上記記事では、第一次安倍内閣に対する批判の急先鋒だった朝日、毎日が態度を軟化させ、日経、読売が硬化させているという。しかしながら、根本にある戦後レジームについて、朝日、毎日が安倍氏と認識を一にすることはありえない。それには終戦を凌ぐ衝撃を必要とするはずだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
来訪者数
滞在者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
挨拶
 平素より小欄をご尊覧賜っておりますこと心より感謝申し上げます。

 また、日ごろ綴っております鄙見に対しましても、みなさまより分を越えた「ブログ拍手」をいただいておりますことをありがたく存じております。「ブログ拍手」という性質上、おひとりおひとりに謝意を表することは叶いませんが、いただいた一拍手一拍手の積み重ねをご高評のバロメーターとさせていただくことにより、日々指針に反省と修正を加えております。欠礼をご容赦願うとともに、厚く御礼申し上げます。

プロフィール

オーデーベース

Author:オーデーベース
 顔と名前をお見せするその日のために、鄙見を認(したた)めてまいります。市政か、県政か、あるいは国政かわかりませんが、愛する日本と故郷のために勇往邁進することをお誓い申し上げます。

 人ひとりにできることは限られております。あるいは遺産も功績も何ら残せずに終えてしまうかもしれません。ただ、あのころの先人はよくやったと後世に云われたとき、その十把一絡げにされた先人のひとりにでもなれたのなら、それは大変喜ばしいことであります。子孫に少しばかりはわれわれを顧みてもらいたいなどというおこがましい希望はだれにでも起こりうるのではないでしょうか。それは、おおいに欲深い願望なのかもしれません。しかし、先祖を回顧していないわれわれだけが回顧されようなどという考えそれこそがおこがましいものであるにちがいありません。

ご意見・ご感想
 「FC2公式メールフォーム」を使用している都合上、ご入力いただく項目はすべて必須入力となっておりますが、お寄せいただいたご意見やご感想をご本人様に断りなく公開させていただくことはございません。

 みなさま方の忌憚のないご意見とご感想をお待ちしております。

お名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。