スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新在留制度スタートまであと1年

 来年7月より、わが国に3ヶ月以上在留する外国人が日本人同様、住民基本台帳に記載されるようになる。2009(平成21)年7月に「出入国管理及び難民認定法(入管法)」と入管特例法、住民基本台帳法が改正されたためだ。これによって、現行の外国人登録制度は廃止され、新たに配布される在留カードにより、管理されることになる。

 これまでの外国人登録制度は、在留許可を与える外務省と外国人登録を行う市区町村とが情報を二元的に管理していた。そのため、翌年度に徴収される住民税や健康保険料を納めることなく、サービスを受け、帰国する中期滞在者や各地を転々とする不法滞在者が後を絶たなかった。本改正の最大の目的は、この点を厳しく取り締まることにある。

 はずだったが、2009年7月に行われた法改正であることからわかるように、これらの法律は公明党や民主党の影響を色濃く受けた。附則に経過措置規定が置かれているため、不法滞在者も外国人登録証を所持していれば、しばらくはこれまでどおり、合法的に滞在しているものとみなされる。不法滞在者を一掃するはずが、数年間の延命措置を講じているのだ。民主党には、アムネスティ条約を援用して、彼ら不法滞在者も住民基本台帳に登録できるよう法整備することを検討している一団さえある。数年の猶予につけ込み、再改正が行われては元も子もない。

 原案では、外国人が勤務先や就学先を行政機関に届出し、所属先には受け入れ状況について報告する義務が課せられていたが、修正案では、努力義務にトーンダウンしてしまった。外国人の多くは仕事を求めてやってくる。外国人の職業を正確に把握することが不法滞在の取り締まりに最大の効果を上げるということを忘れてはいまいか。

 特別永住者が出国する際に必要な再入国許可が2年以内であれば、不要となったうえ、再入国許可の有効期間が4年から6年に延長された。もともと特別永住者は、一般の永住者が3年の有効期限のところを4年とするなど寛大に扱われてきた。本制度のねらいが外国人の身分関係を定期的に確認し、不法滞在を撲滅することにあるなら、例外存置は間違いだ。

 また、外国人登録制度では、短期滞在者や外交官などを除く外国人に対しては、外国人登録証を携帯することが義務付けられていたが、新制度では、特別永住者に対して新たに発行される特別永住者証明書の携帯義務が消えてしまった。だが、特別永住者の大半を占める在日韓国人は、「外国籍を有する外国人であるが、外国人意識が希薄である」(鄭大均『在日韓国人の終焉』〈文春新書、2001〉)。外国人を一律に捕捉するためにも、彼らの意識を高めるためにも、やはり携帯義務が必要なのではなかったか。

 これによって、わが国に滞在する外国人は、短期滞在者を除いて、(1)中長期在留者 (在留カード)(2)特別永住者(特別永住者証明書)(3)難民申請前の一時庇護許可者(一時庇護許可書)(4)難民申請中の仮滞在許可者(仮滞在許可書)(5)出生による経過滞在者(6)国籍喪失による経過滞在者と区分できることになった。(5)、(6)については、入管法の規定により、出生、または国籍が喪失した日から60日に限り、在留することが可能だが、いずれにも当てはまらない不法滞在者は行政サービスの対象から外れる。声高に差別を叫ぶものもいるが、難民については相応に保護している。不法滞在者を黙認することの方がむしろ、正規に滞在する多くの外国人を差別しているのではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数
滞在者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
挨拶
 平素より小欄をご尊覧賜っておりますこと心より感謝申し上げます。

 また、日ごろ綴っております鄙見に対しましても、みなさまより分を越えた「ブログ拍手」をいただいておりますことをありがたく存じております。「ブログ拍手」という性質上、おひとりおひとりに謝意を表することは叶いませんが、いただいた一拍手一拍手の積み重ねをご高評のバロメーターとさせていただくことにより、日々指針に反省と修正を加えております。欠礼をご容赦願うとともに、厚く御礼申し上げます。

プロフィール

オーデーベース

Author:オーデーベース
 顔と名前をお見せするその日のために、鄙見を認(したた)めてまいります。市政か、県政か、あるいは国政かわかりませんが、愛する日本と故郷のために勇往邁進することをお誓い申し上げます。

 人ひとりにできることは限られております。あるいは遺産も功績も何ら残せずに終えてしまうかもしれません。ただ、あのころの先人はよくやったと後世に云われたとき、その十把一絡げにされた先人のひとりにでもなれたのなら、それは大変喜ばしいことであります。子孫に少しばかりはわれわれを顧みてもらいたいなどというおこがましい希望はだれにでも起こりうるのではないでしょうか。それは、おおいに欲深い願望なのかもしれません。しかし、先祖を回顧していないわれわれだけが回顧されようなどという考えそれこそがおこがましいものであるにちがいありません。

ご意見・ご感想
 「FC2公式メールフォーム」を使用している都合上、ご入力いただく項目はすべて必須入力となっておりますが、お寄せいただいたご意見やご感想をご本人様に断りなく公開させていただくことはございません。

 みなさま方の忌憚のないご意見とご感想をお待ちしております。

お名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。