スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家政策院と国内政策院による二元代表制

 国会議員には、大別して2つの仕事があるといえる。1つは、国の諸問題を解決する役目――憲法、安全保障、教育といった国家の根幹をなす事案から、経済、財政、金融、農業、産業、雇用、年金、医療、福祉、介護などの国民生活に至るまで。

 2つ目は地方の声を国に上げること。農業の荒廃や産業の疲弊への対策、インフラ整備の要望などがそれだ。しかし、今いる多くの議員は、日本国民の代表としての最大任務、すなわち国家の懸案を無視して、この2つ目の課題ばかりに目が行きすぎていやしないだろうか。地元の有権者は自らの利益に直接つながるから議員に陳情し、議員も票に直接つながるから積極的に請け負う。「自由委任の原則」もへったくれもない。そして、選挙では地元に多くの公共事業を誘導したものが、その腕を買われて当選し、外交や防衛に汗を流したものは落選する。このような出世ルートこそが利権の最大の温床になり、国家そのもののために働かない議員を多数国会に送り出し、日本を弱体化させている大きな原因となっている。

 民主党をはじめとする元野党は、年金や医療、福祉といった「国民生活」に関する事柄ばかりを主張するが、それを議論する前には当然、「国民生活」の基礎である国家の最重要課題に対する信念、確固たる国家観を持っているという大前提があって初めて成り立つ。冷戦が終わっても、いまだ日本にはイデオロギーの対立というべき問題があちこちに転がっている。これを改めずして、最優先でない課題ばかりを選挙の看板にかけるのはいかがなものか。それはある程度まともな二大政党が確立し、そのうちリベラルな党であっても、日本を売らない覚悟と気概があってこその議論であろう。国を守るために保守的な政策をとるか、革新的な政策をとるかではなく、国を守るか、売るかというさらに低次元な選択を選挙のたびに迫られている日本にはあまりに尚早だ。最重要課題に対する基盤ができ、二次的な重要課題を選挙の本丸に据え置けるような国になれるかは、ひとえに有権者である日本国民の質に委ねられている。

 ここで道州制を導入して、十前後の道州の代表が国益の範囲内で道州の権益を奪いあったらどうか。そして、国会議員ははじめに挙げた国家的な課題のみを解決する。このような制度に改革した方が国にとってはもちろん、地方にとっても有益ではないか。そこで本題のように、国会を国家政策院(国政院)と国内政策院(内政院)に再編し、二元一院体制にする。国家規模の戦略を担う国政院と十前後の道州の代表が合議によって取り決めを行う内政院だ。
スポンサーサイト
来訪者数
滞在者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
挨拶
 平素より小欄をご尊覧賜っておりますこと心より感謝申し上げます。

 また、日ごろ綴っております鄙見に対しましても、みなさまより分を越えた「ブログ拍手」をいただいておりますことをありがたく存じております。「ブログ拍手」という性質上、おひとりおひとりに謝意を表することは叶いませんが、いただいた一拍手一拍手の積み重ねをご高評のバロメーターとさせていただくことにより、日々指針に反省と修正を加えております。欠礼をご容赦願うとともに、厚く御礼申し上げます。

プロフィール

オーデーベース

Author:オーデーベース
 顔と名前をお見せするその日のために、鄙見を認(したた)めてまいります。市政か、県政か、あるいは国政かわかりませんが、愛する日本と故郷のために勇往邁進することをお誓い申し上げます。

 人ひとりにできることは限られております。あるいは遺産も功績も何ら残せずに終えてしまうかもしれません。ただ、あのころの先人はよくやったと後世に云われたとき、その十把一絡げにされた先人のひとりにでもなれたのなら、それは大変喜ばしいことであります。子孫に少しばかりはわれわれを顧みてもらいたいなどというおこがましい希望はだれにでも起こりうるのではないでしょうか。それは、おおいに欲深い願望なのかもしれません。しかし、先祖を回顧していないわれわれだけが回顧されようなどという考えそれこそがおこがましいものであるにちがいありません。

ご意見・ご感想
 「FC2公式メールフォーム」を使用している都合上、ご入力いただく項目はすべて必須入力となっておりますが、お寄せいただいたご意見やご感想をご本人様に断りなく公開させていただくことはございません。

 みなさま方の忌憚のないご意見とご感想をお待ちしております。

お名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。