スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立追悼施設建立に向けたたしかな布石

 原口一博総務相は7日、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)される過程で国がかかわった行政手続きに問題がなかったかを、国として初めて検証する考えを明らかにした。有識者や政務三役などによる検討会を近く総務省に設置する方針。靖国神社は合祀について「国の事務手続きに従った」と主張しており、過去の行政手続きが不適切だとされた場合、合祀の有効性が問われる可能性もある。

 靖国神社への戦没者の合祀を巡っては、1956年に国が都道府県に事務協力を要請。都道府県の協力で戦没者の身元を確認し、厚生省(当時)が靖国神社に送付した祭神名票(戦没者名簿)に基づき神社側が合祀した。しかし厚生省は憲法の政教分離に抵触する恐れがあるなどとして、71年2月2日に「56~70年の間の靖国神社合祀事務協力に関する通知を廃止する」との通知を都道府県に出している。

 東条英機元首相らA級戦犯の祭神名票が神社に送られたのは66年2月。その後、神社と厚生省の打ち合わせ会で一時は「合祀可」となったが、12年間「保留扱い」とされた後の78年10月、松平永芳宮司(当時)の下で14人が合祀された。「56~70年の通知を廃止」とする通知は合祀前に出されており、その扱いが議論になっている。

 原口氏は7日の総務省政務三役会議で、71年の通知について「(合祀事務協力の)行政的な手続きが無効であるとすると、(その後にA級戦犯が)合祀されている史実自体が、歴史の事実と違うことになる」と指摘。「行政手続きに瑕疵(かし)があったとすれば、今までのものを塗り替えなければいけない。事実に基づいて検証をしなければいけない」と、行政手続きの有効性を見直す可能性も示唆した。

 同神社には太平洋戦争の戦死者約213万人が祭られている。合祀者数がピークだった50年代は厚生省引揚援護局の旧軍人が合祀事務を担当し、毎年10万人以上が合祀された。70年代には大半の合祀事務が終わっている。(8日付毎日新聞「原口総務相:A級戦犯の合祀手続き検証へ、省内に検討会」)


 原口一博総務相は7日、靖国神社へのA級戦犯の合祀をめぐって、国の関与が適切であったかどうかを検証する方針であることを明かした。この時期に靖国問題を取り上げた原口氏のねらいとは、いったい何なのであろうか。A級戦犯が合祀されているがために、天皇陛下や総理大臣が靖国神社に参拝できないでいる。できることならA級戦犯のみを「分祀」したいところだが、神道に「分祀」の概念がないため、あの合祀自体を何とか無効にできないだろうか――。

 しかし、極東国際軍事裁判所条例(チャーター)という事後法によって裁かれたA級戦犯は、法学的に「戦争犯罪人」でないうえ、国内法でも「戦争犯罪人」とはされていない(1953年8月3日衆議院本会議「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」)。1979(昭和54)年5月26日には、天皇陛下が彼らのお墓である「殉国七士廟」に向かって「お参り」をされている(若狭和朋『日本人が知ってはならない歴史―戦後篇』〈朱鳥社、2009年〉)。にもかかわらず、A級戦犯を靖国から排除することは、類を見ない私刑・極東国際軍事裁判(東京裁判)と怪文書・富田メモを是認することになりかねないと危惧している。

 前年にA級戦犯が合祀されていた旨の報道がなされたのは、1979年4月19日のことであったが、その後も大平正芳、鈴木善幸両首相が実に平穏に参拝している。ところが、中曽根康弘首相が在任中10度目となる参拝を行った1985(昭和60)年8月15日、突如として中国側の反発に遭う。6年前には、どの新聞も大々的に報じていたのに、中国政府だけが「トク落ち」していたとは到底、考えられない。ソ連の次の敵を模索するなかで、浮かび上がってきたのがほかならぬ日本だったからにちがいない。

 1956(昭和31)年、厚生省引揚援護局(当時)から都道府県に対して、合祀の事務に関する協力を要請。1966(昭和41)年には、A級戦犯を含む「祭神名票(戦没者身分等調査票)」が靖国神社へ送付されている。しかし、祭神名票という宗教色を帯びた用語が行政文書に記載されているとの指摘を受けた厚生省は1971(昭和46)年、それまでに送られた祭神名票等を含む一連の通知を撤回することを表明。1978(昭和53)年10月17日、撤回された祭神名票をもとにA級戦犯は合祀されたのだった。原口氏はこの点をえぐることで、1978年の合祀を無効にしようとしている。たしかに、これらの祭神名票は行政が主導して作成されたものだが、そこに記載されていたすべてが合祀されたわけではない。つまり、一宗教法人としての独立性に何らの圧力も加えられていないのだ。真に検証すべきは、厚生省がなした方針転換の妥当性ではないだろうか。

 憲法20条にいう「政教分離の原則」をより厳格に適用すれば、正月に行われる閣僚の「おかげ参り」から葬儀への参列まで多大な不都合を被ることになる。けだし現行憲法といえども、そこまでの分断を要求するものでない。もちろん、靖国参拝が宗教の発露であることは疑う余地もないが、それが神道をことさら「援助、助長、促進」するものでなければ、他の宗教をいたずらに「圧迫、干渉」(いずれも最大判昭52.7.13)するものでもない。むしろ、積極的にそうしているとすれば、それは朝日新聞をはじめとする激しやすいメディアではないだろうか。
スポンサーサイト

愛知縣護國神社を参拝

 日曜日に徳川家康の生地・岡崎城下に拡がる桜を拝み、昨日は山崎川(名古屋市瑞穂区)、鶴舞公園(同市昭和区)、名古屋城(同市中区)の各名所を足早に眺めてきた。片道15km超の道のりを車輪の小さな折りたたみ自転車で駆けるのは骨が折れた。桜は七分咲きぐらいだったが、いずれも大勢の見物客を集めていた。特に、山崎川に枝垂(しだ)れかかった桜は、格別美しかった。

 名古屋城周辺を観覧していると、愛知縣護國神社を見つけた。恥ずかしながら、自分の住む街のどこに護国神社があるか知らなかった。これが初めての参拝だ。わが国を守ったのが靖国神社に眠る英霊としたら、わが郷土を守ったのはこの護国神社に眠る英霊諸柱である。そんな思いで祈ってきた。自分の先祖に感謝するのと気持ちは同じだ。

 明治2年5月尾張藩主徳川慶勝が、戊辰の役に戦死した藩士等二十五柱の神霊を、現在の名古屋市昭和区川名山にお祀りして 「旌忠社」と号したのが始まりで、その後、先の大東亜戦争に至るまでの 愛知県ゆかりの御英霊九万三千余柱を、護國の大神としてお祀り申し上げております。(愛知縣護國神社「御沿革」より)


 これら護国神社も靖国神社も、戊辰戦争以後に戦死した方々の御霊を祀った招魂社が前身だ。みな日本のために殉じた崇高な侍であり、偉大な先輩だ。愛する国や家族、そして後世に生きるわれわれのために命を捧げられた方々の御霊を慰め申し上げるのは、遺してもらったわれわれにできるせめてものお礼である。儚(はかな)くも美しく散って逝った無数の桜に懇謝する。

お伊勢参り

 今年の初詣は伊勢神宮。1月2日。かねてから決めていた。私はこれまで二度参拝したことがあるそうだが、いずれも記憶がない。10数年ぶりのお蔭参りは、初めての自発的参拝ということになる。

 まずは外宮を参拝した。外宮には、豊作や産業の発展を中心に、衣食住全般にわたってお守りくださる豊受大御神(とようけおおみかみ)が祀られている。今から約1500年前、天照大御神のお導きにより、雄略天皇が豊受大御神を丹波国からこの山田にお迎えなさったのが、始まりであるといわれている。規模こそ小さいが、正宮の悠然とした佇まいにはしばし感嘆した。ここでは、五穀豊穣と景気回復を祈った。

 伊勢うどんを頬張り、南東へ30分ほど足を進めれば、皇室の祖神である天照大御神を祀る皇大神宮を有する内宮へとたどり着く。境内への入り口となる大鳥居をくぐると、五十鈴川に架かる宇治橋を渡る。白木で造られた全長101.8mの橋梁が、私を確実にサンクチュアリーへと誘(いざな)う。そして、五十鈴川の清流を拝める御手洗(みたらし)場では不思議な体験をした。手を水流に差し入れると、なぜだか水が軟らかい。同行した友人も同様の感想を語った。この穏やかな清泉には、やはり何かとてつもない力を感じる。

 正宮へと続く参道には、長蛇の列ができていた。少々骨が折れたが、計り知れないほどの年輪を重ねた大木の数々とはるか先の日本を見据える新しい樹木林の織りなす荘厳な世界は、わが身を癒すのに最適だった。正宮では、皇室の弥栄と国民の安寧、それにわが身健やかなることをお祈りさせていただいた。

 旅をすれば、いろいろな人と出会う。伊勢市駅へと向かう電車内では、60代後半と思しきご婦人ふたりと乗り合わせた。伊勢神宮と出雲大社の関係、旅について、人生について――友人を踏み台にして自分だけ伸(の)し上がろうとすれば、必ず自分にもつけがまわってくる、他人のことをよそで話してはいけない、など人生のさまざまな知恵や教訓をご教示くださった。

 また、帰りの車中では、数学者にも出会った。彼は数式を携えたメモを友人に手渡すと、「40年かかった」と誇らしげだった。一見するに、純粋な数学であり、工学を齧(かじ)った私も興味をそそられぬではなかったが、それほど難しそうな証明ではなさそうだった。先生か、と問えば、郵便配達員だとあっさり否定されてしまった。だが、彼は間違いなく心から数学を愛する数学者だ。メモの最後にはこうあった。

「40年かかった。めんどくさがらずにためしてみることの大切さをあらためて感じた」

 それにしてもこの10年来の友人は街でよく声を掛けられる。シャイなくせにお調子者、曲がったふりして純粋で、短気な割りに気を遣う。不思議な男だ。この数学者に対しても、努めて感情を殺いでいた。だが、神々はまたも不思議な変化をもたらす。数学嫌いであるからして、使うはずのないメモを、持ち帰る友人の姿があったのである。

 庶民が挙(こぞ)ってお伊勢さんに参るとき――それはきっと今年ではないだろうか。
来訪者数
滞在者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
挨拶
 平素より小欄をご尊覧賜っておりますこと心より感謝申し上げます。

 また、日ごろ綴っております鄙見に対しましても、みなさまより分を越えた「ブログ拍手」をいただいておりますことをありがたく存じております。「ブログ拍手」という性質上、おひとりおひとりに謝意を表することは叶いませんが、いただいた一拍手一拍手の積み重ねをご高評のバロメーターとさせていただくことにより、日々指針に反省と修正を加えております。欠礼をご容赦願うとともに、厚く御礼申し上げます。

プロフィール

オーデーベース

Author:オーデーベース
 顔と名前をお見せするその日のために、鄙見を認(したた)めてまいります。市政か、県政か、あるいは国政かわかりませんが、愛する日本と故郷のために勇往邁進することをお誓い申し上げます。

 人ひとりにできることは限られております。あるいは遺産も功績も何ら残せずに終えてしまうかもしれません。ただ、あのころの先人はよくやったと後世に云われたとき、その十把一絡げにされた先人のひとりにでもなれたのなら、それは大変喜ばしいことであります。子孫に少しばかりはわれわれを顧みてもらいたいなどというおこがましい希望はだれにでも起こりうるのではないでしょうか。それは、おおいに欲深い願望なのかもしれません。しかし、先祖を回顧していないわれわれだけが回顧されようなどという考えそれこそがおこがましいものであるにちがいありません。

ご意見・ご感想
 「FC2公式メールフォーム」を使用している都合上、ご入力いただく項目はすべて必須入力となっておりますが、お寄せいただいたご意見やご感想をご本人様に断りなく公開させていただくことはございません。

 みなさま方の忌憚のないご意見とご感想をお待ちしております。

お名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。