スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室論

 皇室とは、わが民族共通の遠祖である。系図から系図へとたどってゆけば、必ず皇室へと行き着く。栄華を極めた藤原氏や武家政権の一時代を築いた源氏など歴史上の人物がそうであったように、民俗学で語られるようなわれわれ市井(しせい)の連中にも、皇室の血は確実に受け継がれている。一説によると、現代に生きるわれわれには、約1000年前に生きた約2000万人分の血が流れているという。こう見てみると、皇室とは民族みなが親しみ、慕うことのできる存在とも換言できるかもしれない。「日本民族」がそれを大切にしていきたいと願うのはまっとう感覚ではないだろうか。

 わが国民の間では、天皇をイギリス女王やローマ法王が唯一畏れる天の思し召しを受けた神であると捉えることが少なくないが、そういう彼らのなかにも宗教に対する軽侮と嫌悪の念を抱いているものが少なくない。信仰を嘲るものがなぜこの境地に達せられるか、私には理解できない。「彼ら」とは、別に戦前・戦中世代のことでない。多くは開眼した若者のことである。ところが、彼らが育った時代の風からは、容易にこの解を導き出せない。それなのに……となると、結局は単なる「反動」との印象を感じざるをえないのである。私は皇室や王室、それに聖職者(プリースト)に対しては、各文化・文明・宗教の誇りとして、最大限尊重すべきだと思っている。

 さて、伝統を受け継ぐ皇室は、その大部分の歴史と同じようにあられるのが望ましいのではないか。天皇を政治的動乱のたびに担ぎ出し、利用してきたいっときは、日本本来の姿とはいいがたい。威光を発しつつも、政治とは一定の距離を置く、これが皇室だったのだ。となれば、ここに回帰するのが真の保守というものではなかろうか。そのひとつとして、天皇が喧騒の東京から静寂の京都へとお戻りになられるというのはいかがだろうか。もともと天皇が現在の皇居(江戸城)に住まわれたのは、仮のお住まいとしてである(東京奠都)。当初は、京都御所にお戻りになられるつもりでいたにちがいない。天皇がこのことについてどうお考えになるかはわからないが、「歴史のなかの皇室」に戻る妙案のひとつだと思う。

 わが国の伝統や文化の多くは、天皇と密接な関わりを持つ。天皇は日本の土着的宗教・神道の祭司であったのだ。五穀豊穣を祈る祈年祭にしても、収穫を祝う新嘗祭にしても、天皇抜きには成り立ちえない。天皇はわが国の権威であるとともに、歴史・伝統・文化の創造主だったのである。さあ、われわれは勇気と自信を持って、この原点に帰って行こうではないか。
スポンサーサイト

皇室を保守せよ

 125代連綿と続いてきた皇室をいかにして守ってゆくか――悠仁親王のご誕生後、急速に萎んでいった皇位継承と皇室のあり方をめぐる議論。この間、われわれは何らかの解決をみたのだろうか。否、この問題は今なお、日本人ひとりひとりに問いかけられ続けているのである。

 ■皇室を歪める女系天皇容認・長子相続優先

 これまで男系でない天皇は存在しない。125代一貫してのことである。この継承原則を絶つとことは、皇室の歴史や伝統を歪めることになりかねない。先祖が死守した男系継承は有史以来、不動の伝統であり、保守すべきもののひとつである。

 長子相続優先もまた、皇室の歴史や伝統を無視したきわめて世間的な話である。第一、これは2005(平成17)年というきわめて厳しい状況のもとに、拙速に作り上げた相続論にほかならない。また、長子相続を優先させることは、女性天皇を特段の事情なく認めることとなり、国史に鑑みても例がない。女性天皇の容認に直系長子継承論が結びつけば、すなわち女系天皇の容認につながる。これも結局、女系天皇の容認に行き着くのだ。皇位継承に男女平等であるとか、長子優先がどうとか、その種の思想を持ち込むべきではない。答えはすべて国史のなかにのみあるのだ。「系統継承」から「直系継承」に移行せしめんとするのも、欧州王室に倣おうとする西欧かぶれ、近代主義の一端で、日本の伝統を根底から破壊する軽佻な変更といわざるをえない。

 ■旧皇族復籍、次いで女性天皇容認を

 とはいえ、このままでは皇室の存続は危うい。その解決策として有力なのが戦後皇籍離脱した旧皇族の復籍だ。戦後、GHQが主導、ないし斡旋した皇籍離脱によって、多くの皇族がその資格を失った。その方々に復籍してもらおうというのである。これは前例がある。第59代天皇の宇多天皇は、臣籍降下されたのちに皇籍を復帰、その後、天皇になられている。ただ、この際よく主張される旧宮家が皇籍復帰を果たして、内親王の養子に迎えるという論には少々不安が残る。というのも、これによって男系は維持されるというのはもっともだが、内親王の子である(内)親王が皇位に就けば、女系容認ととられかねないからだ。そうなることのないよう養子の導入は――養子が旧皇族であっても――、慎重になされるべきであり、現段階では、旧宮家の復籍によって裾野を拡げるにとどめておくことが望ましいだろう。

 また、女性天皇についてだが、10代8方の女性天皇の存在からも女性天皇自体は容認できるものであろう。だが、このいずれも男子誕生までの「中継」にすぎなかった。しかも、在位中にお世継ぎを設けられることもなかった。いずれの女性天皇も皇位の継承を守っただけである。つまり、基本はつねに男系男子だったということだ。現状では、皇室典範1条で「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と定められているため、女性天皇は誕生しえない。

 が、一方で歴史と伝統により築き上げられてきた皇室において、過去を否定するかのように受け取られるのは残念でならない。男系男子の世継に決定的な問題が生じたときにのみ女性天皇を認める体制ぐらいは必要でないだろうか。女性が天皇に即位できなくなったのは、明治に皇室典範が裁定されてからの話である。これは「男女平等」などという不純な考えで申し上げているのではない。また、女系女性天皇を容認するものでも断じてない。あくまで「例外的な継承」にすぎないが、皇室典範に加えておく方が伝統に近づくということだ。

 ■昔日の天皇観

 私の少年期抱いた数々の疑問や反抗は、「保守」の理念と多くを共有していたことがわかった。ではあるが、こと天皇観に関しては、いまだ全一学的な思考に至っておらず、誠に遺憾である。もともと平等イコール善という価値観がこびりついており、それは例外なく貴族たるものへも向けられた。賃金や所得の平等を目指すとされる社会主義、あるいは一歩進んで共産主義とて共産党による一党独裁によって、資本家階級(ブルジョアジー)よりも、貴族よりも性(たち)の悪い書記長が君臨する。実に憂うべき現実である。これよりは世襲的貴族を容認したい。

 一方、国家の結束という観点からことを概観すれば、天皇の存在、実に大なるといわねばならない。2670年もの長きに渡り、統合の中心たりえたことにこそ、私はその真価を見出す。皇室の繁栄なくして日本がこれまで積み重ねてきたすばらしい歴史・伝統・文化は生まれえず、一度たりとも分断されなかった日本の強靭な団結もなく、先祖の安眠も、私の生存も、そして子孫の繁栄もまた、ありえない。これが物質主義を凌駕せしめるゆえんである。

 長期的な視点でいえば、何もかもすべて変えてはならないというわけではない。先人がそうしたように、皇室を守るためなら、変えなければならないこともある。規則に縛られて皇室が絶たれるのでは本末転倒だからだ。だが、今が変えるにたるやむをえざる状況であろうか。100年後、1000年後の日本人にそう顧みられるだろうか。先人が重ねたようなギリギリまで苦心した末の改革だろうか。皇室の存続のためには、もう手を打つより仕方がないというところまで来たのだろうか。私はそうは思わない。先人の費やした叡智を現代に生きるわれわれがいかほどまで汲み取り、そして矛盾なく継承していくか――慎重な議論が求められる。

中国副主席の“ごり押し”を許すな

 本日、来日する習近平(しゅうきんぺい)国家副主席が、天皇陛下との会見を直前になって要請し、鳩山由紀夫首相の指示を受けた平野博文官房長官が、宮内庁に「特例」での実現を働きかけていたことがわかった。通常、外国の要人が陛下との会見を希望する場合、1ヶ月前までに文書で要請するという慣例がある。いわゆる「1ヶ月ルール」である。今回、中国側から会見の要請を受けたのは11月下旬のことであり、このときすでに会見まで1ヶ月を切っていた。外務省はこの要請をいったんは断ったが、中国側は「習副主席訪日の成否がかかっている」と執拗に迫った。そのため、小沢一郎幹事長が鳩山首相に再度働きかけ、それを受けた平野官房長官は宮内庁を押し切り、実現へと漕ぎつけた。

 もともとこの「1カ月ルール」は、(1)2003(平成15)年に前立腺がんの手術をされた陛下のご健康を守るため(2)お会いする外国の要人に関して熱心に勉強されてから臨む陛下にとって、1ヶ月という時間は欠かせないものであるため(3)政治利用を避けるためという背景があった。もちろん、このルールにも例外はあった。だが、それは2005(平成17)年、地震と津波という自然災害の影響で、タイの上院議長の会見要請が、1ヶ月を1日切ってしまったときのことである。それがたった一度の例外である。今回、中国側にこのような特段配慮すべき事情がなかったということからしても、親中派と目される鳩山、小沢両氏を試したという策略さえ垣間見える。「ごり押し」をした中国はいうまでもなく、その強請に屈した官邸にも問題がある。11日夜、鳩山首相はこの問題について、記者団に問われていた。

 --中国の習近平国家副主席との天皇陛下との会見について。直前1カ月までに申請するというルールがあったにもかかわらず、なぜ首相は指示をしたのか。長官によると7日に指示したとのことだが、なぜ直前に出したのか。7日は小沢一郎民主党幹事長と会った3日後で、小沢さんから頼まれたという話もあるが本当か

 「まず、小沢幹事長からお話があったわけではありません。そこだけは明確にしておきます。1カ月ルールというのは存じ上げてはおりました。しかし、1カ月を数日間切れば、もう杓子(しゃくし)定規でダメだというようなことで、果たしてそれが本当にたとえば諸外国との国際的な親善の意味で、正しいことなのか。本当に重要な賓客が日本に来られたときには、もともと来られることが分かっておられるということでありますだけに、その正確な日程が、必ずしも決まらなかったということで、遅れ遅れになったのは事実だと思います。しかし、そこは、あまりにも杓子定規ということよりも、当然天皇陛下のご体調のことは一番、気にしなければなりませんが、そこに差し障りのない範囲で、できるだけ天皇陛下にもお会いになっていただければという思いがありましたものですから、私の方から官房長官に指示をして、『できれば両立ができるような解決はないか』と申したところです」

 --ただ、羽毛田信吾宮内庁長官は会見で「これは政治利用にあたるかもしれない」という見解を示した。「大変残念で、こういうことは二度とないようにしてほしい」とコメントしたが

 「私はいわゆる賓客が来られたときの判断、これは別に政治利用ではなくて、国際的なある意味での諸外国との日本との関係をより好転させるための、天皇陛下のできればという話でありますから、私は政治利用という言葉はあたらない。そのように考えています」(11日付産経新聞「【鳩山ぶら下がり】(2完)天皇陛下の会見設定『杓子定規は正しいのか』(11日夜)」より)


 この種のルールは、きわめて厳格に適用されなければならない。真の「国際的な親善」には、「杓子定規」を欠いてはならないのである。この点に関して、12日に届いた安倍晋三元首相のメールマガジンには、次のようにあった。

 天皇陛下が前立腺がん摘出手術をお受けになられて以降、期間1ヶ月を切った会見要請は受けないとのルールを決め、陛下のご健康を守る為、小泉、安倍、福田、麻生内閣に於いて厳守されてきました。

 私の知る限りでも、来日する賓客の多くが陛下への謁見を望み、1ヶ月を切って申し込んでくる国も多々あります。

 その中には日本にとって重要な要人もいましたが、例外なく断ってきました。

 陛下の御日程に政治的、外交的思惑を入れてはいけないと、その時々の政権は自制してきました。

 今回はまさに政治的理由でルールを破りました。

 しかも元首ではなく、ナンバー2です。


 これまで断った要人と習副主席との待遇の違いを諸外国に疑問視されても仕方がないといえる。普天間基地移設問題で日米関係が冷え込んでいる今、下手に勘ぐられるようなことはなおさらしてはならない。苟(いやしく)も組織の長であるならば、「例外のために原則を曲げる」ことの愚を認識し、当然それを忌避せねばならなかった。加えて、「ルールは理解するが、日中関係の重要性にかんがみてぜひお願いする」と宮内庁に要請した平野官房長官の発言も、陛下の政治利用と見られて仕方あるまい。その反面、「宮内庁も内閣の一翼を占める政府機関である以上、官房長官の指示には従うべき立場」としながらも官邸に抗い、「例外なき運用」を目指した羽毛田(はけた)信吾宮内庁長官の姿勢はもっともだといえる。今回は率直に評価したい。

 また、13日のテレビ朝日系列「サンデープロジェクト」において、

「天皇陛下に政治利用ということを思われるようなことを要請したということからして誠に遺憾だ」

「今からでもこれ(共同会見)をやめていいのであれば、私はやめた方がいい(と思う)」

 と政府・与党内から公然と異を唱えた渡辺周総務副相の勇敢な発言を支持するとともに、首相には再考と反省を強く求める。
来訪者数
滞在者数
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
挨拶
 平素より小欄をご尊覧賜っておりますこと心より感謝申し上げます。

 また、日ごろ綴っております鄙見に対しましても、みなさまより分を越えた「ブログ拍手」をいただいておりますことをありがたく存じております。「ブログ拍手」という性質上、おひとりおひとりに謝意を表することは叶いませんが、いただいた一拍手一拍手の積み重ねをご高評のバロメーターとさせていただくことにより、日々指針に反省と修正を加えております。欠礼をご容赦願うとともに、厚く御礼申し上げます。

プロフィール

オーデーベース

Author:オーデーベース
 顔と名前をお見せするその日のために、鄙見を認(したた)めてまいります。市政か、県政か、あるいは国政かわかりませんが、愛する日本と故郷のために勇往邁進することをお誓い申し上げます。

 人ひとりにできることは限られております。あるいは遺産も功績も何ら残せずに終えてしまうかもしれません。ただ、あのころの先人はよくやったと後世に云われたとき、その十把一絡げにされた先人のひとりにでもなれたのなら、それは大変喜ばしいことであります。子孫に少しばかりはわれわれを顧みてもらいたいなどというおこがましい希望はだれにでも起こりうるのではないでしょうか。それは、おおいに欲深い願望なのかもしれません。しかし、先祖を回顧していないわれわれだけが回顧されようなどという考えそれこそがおこがましいものであるにちがいありません。

ご意見・ご感想
 「FC2公式メールフォーム」を使用している都合上、ご入力いただく項目はすべて必須入力となっておりますが、お寄せいただいたご意見やご感想をご本人様に断りなく公開させていただくことはございません。

 みなさま方の忌憚のないご意見とご感想をお待ちしております。

お名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。